• 映画「遺言」プロジェクト
  • 映画「遺言」プロジェクトン
  • 映画「サマショール」予告編
  • Vimeoの社会のアイコン

「遺言 ~原発さえなければ(全五章)」の公開から6年。

人類は放射能と共存できるのか?

二人のフォトジャーナリストが撮り続けた

フクシマの終わることのできない物語。

 

 放射能に汚染され、すべての村人が避難した福島県飯舘村。震災から6年後、避難指示が解除されることになった。仮設住宅で暮らす元酪農家の長谷川健一さんは、ふるさとに戻るのか、決断を迫られる。そこで原発事故から30年が過ぎたチェルノブイリへ旅に出る。目にしたものは、人の消えた町と森に還った廃屋。しかし長谷川さんは、立入禁止区域に暮らす「サマショール(自主帰還者)」に出会う。それは未来の自分の姿…。 

 汚染された大地で「放射能との共存」を強いられる生活だが、それでもふるさと。100年後、200年後には子孫がこの地に戻るかも知れない。 その日のために今日も畑に蕎麦の種を撒く。「原発に負けないで 頑張ってください」。原発事故を苦に命を落とした酪農家仲間の『遺言』と、意志を受け継ぐ飯舘村のサマショールたちの第六章。

1/2

監督: 豊田直巳・野田雅也|編集プロデューサー: 安岡卓治|編集: 豊里 洋|整音・グレーティング: 川久保直貴|音楽: 任炅娥(イムキョンア) |音楽協力: 大瀧 統丈(株)オリホトーン・ミュージック エンターテイメント(株) Together Music|編集協力: 濱口文幸記念スタジオ|宣伝・配給: Alternative Plan (明石 薫)|製作 :映画「遺言」プロジェクト   2020年|日本語| Color|113分| HD 

長谷川健一・花子 夫妻

元酪農家。仲むつまじい夫婦が映画「遺言」シリーズの主役。チェルノブイリで出会ったサマショールの姿を想い、新たな挑戦を始める。

今中哲二 さん

旧京都大学原子炉研究所、元助教。「300年経てば放射線の影響はないかな。被曝をどうするか自分で判断できるようになってください」。

伊藤延由 さん

旧いいたてファーム元管理人。村で食物などの線量測定を続ける。「山の木や緑の中には全部セシウムが入っているってことなんです」。

佐藤忠義 さん

長谷川夫妻を支える相棒役。村に戻り農業を再開。「この事故ってやつは、地域も破壊、家族も破壊。集落全体が崩れてゆく」。

クラウドファンディング終了

映画『サマショール ~遺言 第六章』の全国公開に向けて、たくさんの方々にご支援いただき、本当にありがとうございました。

© 2020 Yuigon Project All Rights Reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの
  • Vimeoの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now